社会福祉士の仕事とは?

社会福祉士は、専門的な知識や技術をもち、身体上・精神上に障害を持っている人、もしくは環境上の都合によって日常生活を営むことが困難な人の福祉に関係する相談に乗り、指導や助言、そして援助を行います。

社会福祉士について(詳細)

社会福祉士とは、昭和62年の5月に制定された法律、「社会福祉士及び介護福祉士法」にて定義づけられている国家資格です。

社会福祉士の資格は国家資格ではありますが、「名称独占」資格であり「業務独占」資格ではありません。つまり資格を持っていない人が先に述べたような社会福祉士と同じ業務に付くことができないわけではないのです。

「名称独占」の資格ですから、この資格を所有していない人が「社会福祉士」という名称を使うことは禁じられています。

資格を持っていない人物でも社会福祉士と同じ内容の仕事をすることは可能ですが、社会福祉士という国家資格をつくることで国によって一定のレベルが保証された人材を社会に輩出することを想定しています。

資格試験については、厚生大臣によって(財)社会福祉振興・試験センターが社会福祉士試験機関に指定されており、このセンターが実際の試験をとりおこなっています。

社会福祉士の仕事と将来性について

社会福祉士は児童相談所や養護施設、身体障害者更正施設などの身体障害者福祉法に関係した施設、救護施設、老人ホームなどの施設、母子及び寡婦福祉法に関係する施設などで、手助けを求めている人びとの相談作業や支援作業を行っています。

社会福祉士は主に下記の場所にて、手助けを求めている人びとの相談作業や支援作業を行っています。

児童相談所や養護施設などの児童福祉法に関係した施設や、身体障害者更正施設などの身体障害者福祉法に関係した施設、救護施設などの生活保護に関係した施設、特別養護老人ホームなどの老人福祉法に関する施設、母子及び寡婦福祉法に関係する施設や、病院などの医療法に関した施設などです。

活動するシーンは多岐にわたっており、呼ばれている名称も異なることが多いです。

福祉施設では“生活相談員”“生活指導員”、医療現場では“ソーシャルワーカー”など、様々な場所で福祉のプロフェッショナルとして活躍しています。

社会福祉士は、相談者の気持ちや相談者が置かれている状況を読み取り個人に最も合った支援策(例:施設やヘルパーの紹介)を提案します。

高齢化や経済格差が進んだ今日の日本社会では、支援の手を求めている人たちがたくさんいるめ、今後はますます社会福祉士の存在が注目されるのではないでしょうか。

幅広い専門的知識を身につけた社会福祉士に相談することで、新しい道が拓ける相談者も多いはずです。困ったときに、親身になって相談にのってくれ社会的な救済制度を紹介してくれる存在は、心強いでしょう。

社会福祉士は、現在は名称独占資格ですが、資格保有者が行う作業のクオリティが高いことから、いずれ社会福祉の現場に欠かすことができない資格となると予想されます。社会福祉士はたいへん将来性が高い資格といえるでしょう。

社会福祉士試験概要

「社会福祉士国家試験」と呼ばれる試験は、厚生大臣が指定した試験機関となる(財)社会福祉振興・試験センターによって1年間に1回、1月の下旬に実施されています。

受験の申し込み期間は、例年9月の上旬から10月上旬です。

全国19箇所が試験会場となります。

平成19年度の試験地は以下のようになります。

北海道、青森県、宮城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、新潟県、石川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、そして沖縄県です。

試験科目は社会福祉言論、社会保障論、地域福祉論、公的扶助論、老人福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、社会福祉援助技術・介護概論に加え、心理学や社会学、法学、医学です。

老若男女、幅広い相談者を支援する社会福祉士だけあり、試験科目のジャンルは多岐にわたるといえるでしょう。

社会福祉士国家試験を受験できる人物は、社会福祉及び介護福祉法という昭和60年に設定された法律により細かく規定されています。

4年制大学を卒業した人(指定科目修習条件あり)でなくとも、養成施設修了生(諸条件あり)や一定期間以上の実務経験者も受験する資格を持つことができます。

受験費用は11,100円です(平成19年度)。試験結果が発表される3月下旬となります。

Copyright 社会福祉士試験の徹底研究 All rights reserved.

privacy